MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

タンニン酸の薬瓶 & 赤痢の話 オールドクリニックの収蔵品㉝

目次

Tannin タンニン酸 

タンニン酸 Acidum Tannicumとラベルされた着色薬品瓶
明治時代

A medicine jar labeled as Acidum Tannicum
Meiji period

医薬品としてのタンニン酸

21世紀も20年が過ぎた今日、「タンニン」と言えば、ポリフェノールの仲間、健康食品の代名詞のような響きがあります。
たとえば、お茶やワインの風味、渋柿の渋みや防腐作用に関する物質は、どれもがタンニンと総称されるものです。
蛋白質を結合・変性させる作用によるものです。
しかし、今日、そんなに頻繁に使用される言葉ではありません。ポリフェノールなどに比べると、忘れ去られたような言葉かもしれません。

しかし、オールドクリニックでタンニンが用いられた時代には、きっと、止瀉剤(下痢止め)として重宝されていたのだと推察されます。胃腸粘膜からの粘液の分泌を抑える作用があるからです。
現在も、タンニン酸アルブミンとして止瀉剤は日本薬局方に収められています。これは、アルブミンという蛋白質と結合させているので、苦みはあまりないはずですが、この瓶に遺されているタンニン酸の粉末薬を味わったことがありませんので、どれくらい渋いものか分かりません。

明治時代の赤痢

止瀉剤に関連して「下痢」を生じる代表的な疾病、赤痢について少しだけ記載します。

波多野村史(昭和37年刊)によると、オールドクリニックの近辺では、明治27年に西波多地区で集団赤痢が発生し、10名近い死者を出したといいます。当時、この地域や近隣の住民は恐怖のどん底に陥り、西波多地区には誰も近寄らず、結果的に、地域がそのまま隔離されたような状況であったようです。

当時、野村医院はまだ開業していませんでした。もし開業後に、赤痢が流行していたら、千太郎はどのような対応をとったでしょうか? 
ちなみに、赤痢菌が同定されたのは、1897年・明治30年(野村医院が開設された年)です。有名な志賀潔の功績です。その功績をたたえて、赤痢菌はShigellaと命名されました。日本人の名前が冠せられた唯一の病原菌です。


さて、明治20年代に医学部に学んだ千太郎の内科学ノートには、当然のことですが、「赤痢は感染症であるが原因はまだ分かっていない」とされています(下図左)。
治療には、「初期は甘汞(水銀を含んだ下痢止め)が良い」と記載されています(ベルツ先生もそれを推薦したとあります)。
強い肛門症状には、阿片・コカインをカカオなどに混ぜて坐薬を作って肛門の痙攣を治療する」と記載されています(下図右)。この紅い字は、指導教官の添削かもしれません。

原因菌も不明で抗生物質もない時代の苦労が偲ばれます。
そして、「便の回数が減ってきたら止瀉剤を用いなさい」とのことですから、ようやく今日の主役「タンニン酸」の登場ということになるのでしょう。

その後、幸い、大過なく山添村は大きな疫病もなく、また風土病もなく、平和な村として時を重ねています。

☆☆☆

今日のお話しはここまでです。
オールドクリニックには、当時用いられていた薬品や医療器具がそのまま遺されており、また、当時の医者が学んだ医学部時代のノートや教科書も併存していますから、有機的に当時の医療をイメージすることが出来ます。
私自身も、このブログを書きながら、120年前の医療の苦労が、すごく具体的に感じることが出来るようになってきました。

これからも少しずつ紹介していく予定ですので、どうぞブログにまたお立ち寄りください。

あわせて読みたい
カカオ脂!百年前の村のお菓子屋さん? オールドクリニックの収蔵品⑳
カカオ脂!百年前の村のお菓子屋さん? オールドクリニックの収蔵品⑳【Medicine Jars for Oleum Cacao カカオ脂の薬品瓶】Two old medicine bottles of cocoa oil.Circa around 1900.Based on the shape of the glass bottle, the quality...
坐薬の基剤として用いられたカカオの薬品瓶です。
あわせて読みたい
水銀を含んだ医薬品 オールドクリニックの収蔵品㉔
水銀を含んだ医薬品 オールドクリニックの収蔵品㉔【Old medicine containing mercury かつて水銀が身近な存在だった時代】Old medicines containing mercuryLeft: Bottle of Mercury(I) chloride, Also known as the m...
当時は水銀は、なくてはならない薬品のひとつでした。
あわせて読みたい
明治時代内科学講義ノート Part1 オールドクリニックの収蔵品 ㉖
明治時代内科学講義ノート Part1 オールドクリニックの収蔵品 ㉖【初代院長・千太郎の医学部時代の講義ノート】そろそろ、初代千太郎の医学部時代の講義ノートを紹介しなければなりません。彼は、明治26年(推測)に、大阪府立医学校...
初代院長・千太郎の大阪府立医学専門学校時代のノートです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

野村 信介のアバター 野村 信介 山添村 野村医院長

60歳を過ぎて、山添村で野村医院を継承した開業医です。長年、三重県で勤務医をして過ごしましたが、年齢とともに、郷愁の念断ちがたくなり戻ってきました。
野村医院での診療の傍ら、村興しにも精を出しております。若い頃にはなかなか気づかなかった山添村の素晴らしさを、このサイトで皆さんに発信していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

目次
閉じる