MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

シーボルトも用いたアラビアゴム(ガム) オールドクリニックの収蔵品㉞

目次

アラビアゴムと表記された薬品瓶 

「アラビアゴム漿」と大きく表示された薬品瓶。
(現代の私達には、「ガム」という方が馴染みがありますが)
ラベルの反対側に『10gあたりゴム0.5を含む』との表示有。
明治時代。

An old medicine jar labeled as “Gum Arabic”.
Meiji Period
It is not sticky when dried and quickly became viscous with a little water, so it should be used as a suitable tablets base in old period, such as the late Edo and Meiji era.

アラビアゴムを、何に用いたのか?

21世紀の今日でも、アラビアゴム(ガム)は、食品(ガムシロップやアイスクリームなど)、水彩絵具の固着剤、医薬品のコーティング剤として利用価値の高いものです。
おそらく、明治時代、あるいは、それ以前から、アラビアゴムは、丸薬の固着剤として用いられたものだと推察しています。

ただし、オールドクリニックに遺るこの薬品瓶には、「アラビアゴム”漿”」と記されています。【漿】とはどういう意味だったのか? このような形状の瓶に保管するのだから、粉末だったと思うのですが、瓶には何も残っていないので詳しいことは分かりません。

シーボルドもアラビアゴムを用いて丸薬を処方した

これは、2013年10月に愛媛県歴史文化博物館で開催された特別展「三瀬諸淵~シーボルト最後の門人」の展示品を私が写真撮影したものです。シーボルトの処方箋をこの目で見ることが出来た貴重な機会でした。
その中に、今日の主役である「アラビアゴム」がありました(上から三段目です)。
彼も、出島においてアラビアゴムで丸薬を作って、患者さんの治療に用いていたのです。

博物館の注釈は、下記のように提示されていました。

硝石   1ドラム(3.89g)
甘草膏  2ドラム(7.78g)
アラビアゴム 半ドラム(1.94g)
砂糖   1ドラム(3.89g)
丸薬60個となし、寄る2個ずつ服用 
-フォン・シーボルト(自署)-

Wikipediaの「Gum Arabic」の項から画像を引用しました。
少しの水分を足すことによって、左側のようにゼリー状に膨化する性質もある。

遠い国から運ばれてきたアラビアゴム

薬品瓶の性状やラベルの墨書などを見ると、これは初代千太郎が用意したものであることは明らかです。

アラビアゴムは、インド、アフリカ、オーストラリアなどが原産。今から120年以上昔、遠く海外で採取され生成されたアラビアゴムが日本に輸入され、西洋医学の治療薬として、この奥大和の地で患者さんの健康のために用いられたのです。なんだか、とても悠然たる人や時間の流れを感じてしまいます。
大事に大事に管理保管していたと思われます。

この瓶が120年後の今日、まだここに遺っていて私達に語り掛けてくれる。
瓶の言葉を、手に取って感じることができる私達は、幸せです。
2013年の特別展「三瀬諸淵~シーボルト最後の門人」にてシーボルトの処方箋をこの目で見ても、凡人の私には「見た」ということしか記憶に残っていません。
しかし、先人が用いた「アラビアゴムの薬品瓶」を見ると、シーボルトの処方箋を見た記憶さえ、一段と輝きを増しますし、山添村で行われたであろう明治時代の医療現場が、具体的にイメージできます。
オールドクリニックに保管されるこれらの明治時代の物品は、私達に「有機的な記憶や思考」を植え付けてくれます。
是非、皆様にここを楽しんでください。


☆☆☆
今日は、少しロマンチックにふらふらと綴ってしまいました。
ここまで読んでくださってありがとうございました。

このブログは、野村医院オールドクリニックに遺る数々の医療器具や薬品、医療に関連した物品を、さまざまな形で紹介しております。また、時間のある時に訪ねてくださいましたら、幸いです。

あわせて読みたい
カカオ脂!百年前の村のお菓子屋さん? オールドクリニックの収蔵品⑳
カカオ脂!百年前の村のお菓子屋さん? オールドクリニックの収蔵品⑳【Medicine Jars for Oleum Cacao カカオ脂の薬品瓶】Two old medicine bottles of cocoa oil.Circa around 1900.Based on the shape of the glass bottle, the quality...
丸薬作りがアラビアゴムなら、坐薬はカカオ脂だったのです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

野村 信介のアバター 野村 信介 山添村 野村医院長

60歳を過ぎて、山添村で野村医院を継承した開業医です。長年、三重県で勤務医をして過ごしましたが、年齢とともに、郷愁の念断ちがたくなり戻ってきました。
野村医院での診療の傍ら、村興しにも精を出しております。若い頃にはなかなか気づかなかった山添村の素晴らしさを、このサイトで皆さんに発信していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる