MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

象牙の聴診器 オールドクリニックの収蔵品②

目次

象牙製聴診器 Chest and Ear pieces of stethoscope

オールドクリニックに、いくつも遺されている象牙の聴診器。

Chest and ear pieces of stethoscope made of ivory.
Circa 1890?
This type stethoscope used to be popular among physicians until 1960.
In addition, Traube type stethoscope is presented below.

聴診器が我が国に初めてもたらされたのは、 1848年(嘉永元)にはオランダの医官・モーニケによると言われています。彼がもたらしたものは下に示すトラウベ型(後述)だったかもしれませんが、両耳で聞く聴診器もその頃既に発明されていました。

明治になって、聴診器は西洋医学の普及とともに急速に広まりました。

推測でしかありませんが、明治30年、千太郎がここで開業した時から、このような聴診器で診察をしていたと考えられます。当時既に、西洋医の持ち物といえば、聴診器と相場が決まっていました(現代でもそうかもしれません)。

象牙は古くなると、「飴色」になっていきます。
しかし、日光に当たると、
ふたたび白っぽくなります。
オールドクリニック
自称・Medical Museum
内部の様子

明治25年頃の医療機器の型録を参考にすると、
象牙の聴診器は、2~3円(1円で10Kgの白米が買えた)、水牛製のものは1円程度だったようです。

しかし、なぜ象牙製がもてはやされたのでしょうか?
「親の形見に象牙の聴診器を持っている」という友人もいるくらいですから、日本中で明治以降(あるいは、それ以前から)象牙の聴診器が、相当広く使われていたと考えられます。
欧米でも、古いカタログなどを見ると、象牙製と書かれていますから、一時期、多くの臨床医が使っていたと思われます。なぜ、象牙製だったのか、当時のものづくりや医療文化を調べてみたいものです。

そんな聴診器も、1960年?頃から、次第に機能性に優れた近代的な聴診器に替わっていきました。
象の保護の観点から象牙の流通が問題視されるようになる以前から、機能的に顧みられなくなったのだと思います。

黒いものは、トラウベ聴診器(水牛製? 木製?)

一方、上の写真で示したトラウベの聴診器は、あまり馴染みのないものでしょう。
両耳で聴くような聴診器が頻繁に用いられるようになった後も、産婦人科では長く用いられました。
妊婦さんのお腹にこれを当てて、胎児の心音を聴取するための聴診器です。
産婦人科医であった私の母親・正子が用いていたものかもしれません。

私も学生実習(ポリクリ)の際(1980年)、産婦人科病棟で使った記憶があります。
当時、ようやく超音波機器が使われ始めた頃ですから、まだトラウベ聴診器は必須の道具でした。

私の一歳の誕生日 1958年夏

この写真は、私が一歳の誕生日。
山添村には、面白い風習がありました。我が子が一歳になると、このように鏡餅を入れた袋を肩にかけ、物差しを杖代わりにして、「とおみ」に立たせます。その前に、子供の興味を惹きそうなものを並べて、自由に選択させて、将来の職業を推測するのです。

私の目の前には、聴診器(もちろん象牙です)、算盤、ペンなどが並べられたようですが、
さて、いったい何を選んだんでしょうか?

あわせて読みたい
明治34年の顕微鏡 オールドクリニックの収蔵品①
明治34年の顕微鏡 オールドクリニックの収蔵品①オールドクリニックに関するブログは、二つに大別できます。・その時代背景や医療事情などを私のエッセイとして・オールドクリニックに遺された物品(収蔵品)の解説今...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

野村 信介のアバター 野村 信介 山添村 野村医院長

60歳を過ぎて、山添村で野村医院を継承した開業医です。長年、三重県で勤務医をして過ごしましたが、年齢とともに、郷愁の念断ちがたくなり戻ってきました。
野村医院での診療の傍ら、村興しにも精を出しております。若い頃にはなかなか気づかなかった山添村の素晴らしさを、このサイトで皆さんに発信していきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

目次
閉じる