MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

手作りトーチの作り始め譚 「やまぞえ絆リレー」Vol.8  

あわせて読みたい
重大発表 日程変更ニュース! 「やまぞえ絆リレー」Vol.7
重大発表 日程変更ニュース! 「やまぞえ絆リレー」Vol.7https://yamazoe-love.com/yamazoe-kizuna-relay-2020-struggle-06/【★★ イベント日程変更 重大なお知らせ ★★】 注目) 実行委員会から、重大なお知らせがあります...
目次

今日は、手作りトーチの詳細な打ち合わせ その①

先日、我がやまぞえ絆リレー2020のシンボル「絆トーチ」の原案をお示ししましたが(Vol.6)
今日1月19日午前はその取っ手部分を作ってくださる、山添村フォレストパーク神野山・木工館の松村朋子さんと打ち合わせ。松村さんは、もちろん木工の専門家でいらっしゃいます。

基本構造は、
①アルミの筒の先にLEDランプをつける(安全第一)
②取っ手の上部にキハダの木を使って球体の装飾を施す
③取っ手は、さらに山添らしい細工を施す(これについては後日報告)
ということを決めました。

奈良県 漢方のメッカ推進プロジェクト (近畿経済産業局)のHPより引用

キハダの樹皮からとれる黄檗(おうばく)は、 奈良県を代表する伝統的な胃腸薬である「陀羅尼助(だらにすけ)」や後醍醐天皇が命名した「三光丸(さんこうがん)」の主原料です。
山添村には、古くからキハダを栽培していらっしゃる農家がありますから(上記MAP参照)、やまぞえ絆リレー2020のシンボルである絆トーチの装飾に用いる木材として相応しいものだと、木材や木工の造詣に深い松村朋子さんに提案していただきました。

絆トーチ制作を重責を担う奥谷さん、実行委員会の副委員長・大谷さんとともに、松村さんとゆっくり話し合い、お互いの想いを擦り合わせながら、議論に二時間ばかり費やしました。
来週か再来週には試作品が完成することになりそうです。
その時、改めてブログを更新しますので、どうかご期待ください。

左から、ブログVol.6で示した原図のイラスト、
第39回国民体育大会(奈良県のわかくさ国体)(1984年)の炬火リレーに用いられたトーチ、
木工用のキハダ、
LEDランプを先端に装着したアルミ管。
あわせて読みたい
手作りトーチの原案発表! 「やまぞえ絆リレー」Vol.6
手作りトーチの原案発表! 「やまぞえ絆リレー」Vol.6https://yamazoe-love.com/yamazoe-kizuna-relay-2020-struggle-05/【私達のシンボル【絆トーチ】の原案公開!】【♠ 安全第一 & 山添村TASTEをデザインに &#...
絆トーチの原案公開の際のブログ(Vol.6)

やまぞえ絆リレー2020では、トーチリレーのランナーとボランティア募集中

私達は、山添村独自のスポーツイベントを、有志が自分たちの熱意で作り上げます。
市町村の経済的な援助を受けず(ご理解と精神的な支援は賜っていることと思いますが)、政治的な影響を受けないイベントを作り上げます。

五輪の聖火リレーが山添村を訪れないことを契機に計画がスタートしたけど、五輪賛歌でも批判のためでもありません。山添村が愛おしくて仕方のない同志が、力を合わせて自分たちの意気込みを見せたいのです。

そんなイベントに、ぜひ参加してください。
そして、こんなイベントを手伝ってくださるボランティアも募集しています。
下記の特設べーじのお申し込みフォームから、簡単に申し込みが出来ます。
皆様の参加を、実行委員一同心からお待ち申し上げております。

あわせて読みたい
やまぞえ絆リレー2020 特設ページ
やまぞえ絆リレー2020 特設ページ2020年5月10日に予定していた当イベントは、2021年5月9日に延期されました。【♣村内を絆トーチや木メダル展示箱が巡回します♫】すでに山添村役場に展示している...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

やまぞえ絆リレー2020実行委員会のアバター やまぞえ絆リレー2020実行委員会 山添村を愛する同人集団

スポーツを通じて山添村の絆を強くできると信じて集った有志の集団です。2020年5月のイベント開催を夢見て頑張っています。

目次
閉じる