MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉘ 峰寺 六所神社~

目次

峰寺 ~ 峰にある寺 ~

「峰寺」と書いて「みねでら」と読みます。

山添村の西部にある集落で、南は奈良市都祁に隣接し、北端に県道奈良名張線(奈良街道)と県道月ヶ瀬針線が大橋で交差し、深江川沿いを県道北野吐山線が通る交通の要衝です。

この地域は、御番衆領(幕府と密接に関係して番を編成して宿直警固にあたるところ)、郡山藩、幕府領、川越藩を経て郡山藩領となりました。

峰寺は、峰の寺(乗光寺)のふもとにあった集落という意味で呼ばれるようになったといわれています。
乗光寺についての資料は存しないそうですが、地域の残る墓碑や五輪塔、薬王寺層塔には鎌倉時代の形式があり、不動明王摩崖仏増には建武5年(1338年)の造立銘があり、古い由緒を物語るものと思われます。
後に乗光寺は郡山に移転され、郡山城主の菩提寺となり、この地域からは姿を消したそうです。

明治15年から34年まで北峯尋常小学校が開設されていました。その後、北野小学校となり、現在の山添小学校となっています。

地域の大橋地域では、大三商店が各種売品百貨店式の店を開いて大橋商店街の先鞭がつけられ、大正時代には公設市場風の専門店、五軒屋ができました。
現在は、布目ダムにより整備され、東山郵便局はじめ各商店街があります。
また、明治30年ごろ深江川の水力を利用して鉄工所ができ、周囲はまだランプを使用していた大正時代に、水力自家発電によって電灯が灯されました。

六所神社 ~ 巨岩の上に神殿が造営されている ~

昔、神の降臨された巨岩をご神体としましたが、後世その上に社殿を造営したといわれています。

境内には、牛頭天王を祭る杵築神社、弁財天を祭る宗像神社、戎子大明神を祭る恵比須神社などがあります。巨岩に刻み込まれた不動明王像(建武5年=1338年)村指定文化財です。

享保21年(1736年)の『大和志』、式外社の中に、「岑寺社坐神祠、本村及的野松尾共祭祀」とあり、現在、峰寺・的野・松尾の三か大字は郷社として三か村間の相互協力で、祭礼の儀を共にしています。

祭神は、大山祇命です。

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉙ 桐山 戸隠神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる