MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉗ 北野 天神社~

目次

北野 ~ 神野山の北のむら ~

「北野」と書いて「きたの」と読みます。

山添村の西部、神野山の西側にあり、東西の県道奈良名張線(奈良街道)と南北の広域農道月ヶ瀬小倉線が交わる交通の要所で、街道に沿う街村です。
この地域は、西村(津越、腰越、牛ケ峯)と奥村、杉原村があり、特に、西村と奥村には各庄屋がいたといわれています。
東方にそびえる霊峰神野山の北側のふもとの地域という意味で、北野と呼ばれるようになったと考えられます。

鎌倉時代には、北野杣、北野庄と呼ばれ、春日社、東大寺、興福寺の領でした。江戸期には、御番衆領(幕府と密接に関係して番を編成して宿直警固にあたるところ)、郡山藩、幕府領、川越藩を経て郡山藩となりました。
その後、この地域の西村、奥村、杉原村は、明治9年に合併して、今の北野になったそうです。

それに合わせて、津越の八幡神社、腰越の若宮神社、牛ケ峯の春日神社、杉原の八柱神社が合祀して天神社の神域に美統(みすまる)神社を設けたそうです。

布目ダムの建設により牛ケ峯は水没地域となったため、全戸(6戸)が移住され、水没のウチカタビロからは、多数の縄文土器が出土しました。

天神社の隣にある真言宗極楽院

天神社は国の重要文化財で、県指定の文化財に能面、村指定の文化財に美統神社、法楽地蔵、不空絹索観音(ふくうけんじゃくかんのん)、阿弥陀如来仏、枡型岩、天神社還幸地、北野検地帳などがあり、歴史文化に豊富な地域です。

地域には、旧北野小学校の他、村の森林組合、保育所、緑茶工房、醤油製造場、畜産、製材所、機械や自動車店、呉服店や食料品店など多様な施設が集まっています。

天神社 ~ 広い厚い板葺きの社殿 春日造り ~

県道を曲がると、すぐに鳥居が迎えてくれる。
天神社への参道

天神社本殿は大正12年3月28日、特別保護建造物指定・国指定重要文化財です。社伝によれば創立は延喜19年(919年)と伝えられ、応永年間(室町)再建と伝えられています。天正6年(1578年)の銘札があり、昭和9年(1934年)に至るまで、屋根葺き替え等の棟札が18枚現存しています。

社殿は一間社春日造りで蟇股などの装飾が施され、屋根は厚板の段葺きです。

天神社還幸地(村指定文化財)は、布目ダム湖の腰越地区内にあり、天神社例祭の旧五社巡りの儀のとき、御幣を納め奉田楽を奏して神拝された場所です。

祭神は、天御中主命です。

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉘ 峰寺 六所神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる