MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村の画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉓ 鵜山 八柱神社~

目次

鵜山 ~ 鵜のすむ山、上にあるところ ~

「鵜山」と書いて「うやま」と読みます。

山添村の最東部、名張川東岸にあり、三重県「名張市の鵜山」と接しています。名張川東方唯一の集落で、奈良県からも離れ小島の格好になっている小集落で、三重県名張市の東鵜山に対して、西鵜山とも呼ばれています。

県境を挟んで「ふたつの鵜山」

奈良県の鵜山と、三重県の鵜山があり、同じ地名の集落を二か所作られたことに領土争いか、カモフラージュか、さてまた違う理由があるのか、現時点で理由はよくわかりませんが、実に謎に秘めた地名です。ちなみに、神社は奈良鵜山も、三重鵜山も同じ八柱神社です。

このように、奈良県と三重県の県境において、両県に同名の集落がこの付近には、三か所あります。鵜山(山添村と名張市)、葛尾(山添村と名張市)、竜(龍)口(宇陀市と名張市)です。何か興味深い地名です。

奈良鵜山(Google Mapより)
三重鵜山(Google Mapより)
鵜山地区の遠景

鵜山は、東は文珠山をもって三重県と境し、その境を境坂(きょうざか)と呼んでいます。西は名張川を隔てて片平と相対し、南は俎山(まないたやま)をもって葛尾に接し、北は山地、耕地をもって広瀬と接しています。
集落は、けわしい山並みに囲まれた北の斜面と台地に点在しています。

鵜は鳥の名前で、鵜山は、鵜の住む山と理解されますが、古くは「宇山(うやま)」とも書いていたらしいです。また、上山・大坂と書いて、ウーヤマ・ウーサカとも呼んでいて、ウ(上)山、もしくはウ(大)山は、地形名とも言われています。現状、三重県の鵜山に接し、高所に位置している当集落の鵜山は、三重県の鵜山よりも上にあるところという意味も含んで、鵜山(うやま)と呼ばれたのかもしれません。

江戸期は、旗本赤井信濃守の采地でしたが、明治元年に奈良県の所治となりました。「郷土記」の中で、宇山越前、宇山松池の名があり、中世には土豪がいた。伊賀との交渉が多く、文化も伊賀の影響を受けて相当古い時代から発達したと推察されます。

同宮坊、真福寺の本尊は、地蔵菩薩如来で、素朴な小歓喜天像も発見されています。寺には、古来のオコナイ(五穀豊穣を願って年頭に行われる伝統行事)の風習がそのまま伝えられ、道路境界には、勧請縄(かんじょうなわ)が掛けられます。

耕地が約20%、森林原野が約80%で、一般作物以外は特に無く、名張市に通勤する兼業農家が多いそうです。

八柱神社 ~ 菩提樹に囲まれた静かなおやしろ ~

・境内にあり、お社を静かに囲む菩提樹は、周囲が2.5m余りにも及び、弘法大師のお手植えとされ、県下でも珍しい奈良県指定天然記念物になっています。

鵜山・八柱神社の菩提樹(奈良県指定天然記念物)

・祭神は、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、熊野久須毘命、多紀理毘売命、市寸島比売命、多岐都比売命

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉔ 片平 八柱神社」を紹介します。

あわせて読みたい
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉒ 広瀬 熊野神社~
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り㉒ 広瀬 熊野神社~https://yamazoe-love.com/yamazoe-visiting-the-shrine-21-yoshida/ブックカフェの近くに立つ道標広瀬 ~ 川の瀬広きところ ~「広瀬」と書いて「ひろせ」と読みま...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる