MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村の画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑲ 広代 菅原神社~

あわせて読みたい
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑱ 中峰山 神波多神社~
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑱ 中峰山 神波多神社~https://yamazoe-love.com/yamazoe-visiting-the-shrine-17-osose/神波多神社に向かう国道25号線傍にある中峰山の道標。中峰山 ~ 社寺に関係して神秘的なことに出会...
国道25号線傍の公民館の前にある広代の道標
目次

広代 ~ 高台地の広い田のあるところ ~

国道25号線から広代・菅原神社に向かう村道。
この向こうに、広い棚田が広がる。

「広代」と書いて「ひろだい」と読みます。三重県領に接する馬尻山を水源とした、北に流れる広代川に沿って広大な水田が広がっており、集落は北側の丘陵斜面にあります。
広代には、「広曽」「広畑」「大広」などの小字があり、広は平地、代は田(大和高田市の西代の代(田)と同じ)を表し、古文書には、「広田井」と呼ばれ、高台地の「広い田のあるところ」や「ひらたい田のあるところ」と言った地形を表したものだと言われています。

中世から耕地や住民移住の開拓が行われていたと言われ、江戸時代は、奥田氏領で、文禄年間に隣接する中之庄(次回、山添神社巡り⑳で説明)から分村したと伝承されています。また山地は、「テンショ」と呼ばれ、中世の城塁跡が残っています。

観音堂
観音堂・十一面観音立像説明文

寺院は、かつて、観楽寺(かんやくじ)、明王院(みょうおういん)、広徳寺(こうとくじ)の3寺がありましたたが、今は広徳寺のみで、本尊は阿弥陀如来です。観音堂で祀られる十一面観音は、平安後期の作で、秘仏で霊験あらたかといわれ、村の文化財となっています。
広代の「牛の宮」地区は、同族集団の集落で、奈良街道(県道奈良名張線)に面し、かつては神波多神社(天王)参りの旅人の店屋として繁栄し、現在も牛の宮商店街を形成しています。

菅原神社 ~ しっかり励みます 拝礼 ~

鳥居からの石段には風情があり、四季を通じて参拝者を和ませる。

・境内の石灯籠(建武5年=1338年)は村指定文化財です。

・学問の神である菅原道真公が祭神であり、しっかり拝礼して学問に励む誓いをする参拝者が多いです。

・祭神:菅原道真公

広代

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。
さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑳ 中之庄 八幡神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる