MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村の画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑩ 大塩 八柱神社~

あわせて読みたい
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑨ 堂前 三柱神社~
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑨ 堂前 三柱神社~https://yamazoe-love.com/yamazoe-visiting-the-shrine-08-minowa/堂前 ~ 寺院の所在にちなんだ地名、お堂の前 ~「堂前」と書いて「どうまえ」と読みます。この大...
目次

大塩 ~ 塩瀬地蔵にまつわる地名と黒い石が織りなす自然な風景 ~

「大塩」と書いて「おおしお」と読みます。
この大字は、山添村中央部にある神野山の北東山腹に位置し、北は奈良市月ヶ瀬に接しています。小谷に分かれた地形は、樹の枝状に棚田が広がり、その上の傾斜地にはパイロット事業などで開拓された茶畑が広がっています。

神野山(こうのやま)中腹にある塩瀬地蔵。

神野山中腹に室町期のものとされる、塩瀬地蔵(村文化財)があり、塩瀬講として信仰されています。
この塩瀬地蔵から今の「大塩」という地名になったとも言われています。

貞和3年(1347年)2月日付「興福寺段銭段米帳」や応永6年(1399年)の記録には「大塩荘」と記載があり、南北朝期からある荘園名だそうです。

大塩の集落
鍋倉(なべくら)渓の斑糲岩

神野山では、斑糲岩(はんれいがん)という黒い石(岩)が多くあり、自然地形と相まって存在するこれらの岩々は、「なべくら渓、大師の硯石、八畳岩、塩瀬地蔵」など多くの民話や伝説が語り継がれ、神秘的な存在です。

八柱神社 ~ 神野山の清水が流れくる静かなおやしろ ~

清水が流れくる神野山のふもとの静かな社です。神野山の東山腹にあった春日大明神(祭神天児屋根命) は明治43年に奉遷されて、境内社となっています。

・祭神は、神産日神、高御産日神、玉積産日神、生産日神、足産日神、大宮売神、御食津神、事代主神

大塩

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑪ 毛原 八阪神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる