MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑦ 伏拝 八幡神社~

あわせて読みたい
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑥ 助命 八王子神社~
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑥ 助命 八王子神社~https://yamazoe-love.com/yamazoe-visiting-the-shrine-05-kirihata/助命には大規模な茶園風景が広がります。助命 ~ 助ける命と書く山のふもとの難読地名 ~「助命...
目次

伏拝 ~ ひれ伏して拝む、神野山信仰の地名 ~

「伏拝」と書いて「ふしょうがみ」と読みます。

この大字は、山添村中央部にある神野山の南山腹の440~500mの高所の傾斜地に集落があり、山頂近くの南面に古刹神野寺があります。
背後の山(神野山)を信仰の対象として拝んだことからこの地名になったと言われています。

南北朝期から伏拝荘と呼ばれ、貞和3年(1347年)2月日付「興福寺段銭段米帳」には「伏拝荘」と記載があり、中世には、「伏針村」や「臥拝村」と書かれていました。
江戸期には、幕府領から伊勢津藩領となり、伊賀から畑郷の村々を通って奈良に向かう交通の要衝でした。

また、地域の神野寺(こうのじ)は、奈良時代に聖武天皇が勅し、僧の行基によって開基したと言われており、代々皇室の勅願所だったそうです。

ゆるやかな山腹斜面には、パイロット事業で開けた茶園が広がっています。

神野山中腹、伏拝地域にある弁財天。
伏拝地区のパイロット事業に拓けた茶園

八幡神社 ~ しっかりと大きい 狛犬のア・ウン ~

明治42年4月に伏拝の八幡神社、箕輪の春日神社、堂前の今宮神社を合祀して、三柱神社とされましたが、昭和24年にふたたび現在地に八幡神社として遷座されました。

祭神は、品陀別命(応神天皇)。

伏拝

*この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り⑧ 箕輪 三柱神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる