MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り③ 勝原 八柱神社~

あわせて読みたい
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り② 地域の特徴編
~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り② 地域の特徴編【三つの地域】前回のプログでご説明したとおり、山添村は、それぞれの集落(大字)の地形・地勢、謂れ、住民の思い等から明治から昭和31年まで、3つの村(豊原、波多...
目次

3つの地域に散在する農村集落

  • 久しぶりの投稿になります。前回のブログ(神社巡り②)でご説明したとおり、山添村は、集落(大字)の地形・地勢、謂れなどから、それそれ特徴ある3つの地域(豊原地域、波多野地域、東山地域)に分類されます。
  • これから、各地域の各集落と共に神社を順次紹介していきます。順番は順不同ですのでお許しください。
  • それでは、まず、豊穣の里“豊原地域”の集落からお話ししたいと思います。
地名の謂れとなった「刈り勝くれた小原」=「勝れ原」を彷彿とさせる現在の勝原の茶畑風景

「大和国山辺郡三ヶ谷七郷由来記勝原ノ記」

勝原 ~ 刈り勝くれた小原の地 ~

  • 「勝原」と書いて「かつはら」と読みます。
    この大字は南東に高い高塚山に続く山脈から続く緩い傾斜地からなる集落です。北東には三重県名張市領が約1kmにわたり不自然に細長く入り込んできています。中世期は興福寺の荘園で、中世鎌倉期から、桂原、葛原、万原、鰹原などと呼ばれていました。
山添村地図
勝原地区の北東には三重県名張市領が約1kmにわたり不自然に細長く入り込んで いる。
  • 地名は、葛原が転訛したとも言われますが、 大和国山辺郡三ヶ谷七郷由来記勝原ノ記」 によれば、
    • 「15代応神天皇時代(390~403年)に、雅郎子皇子(応神天皇皇子=菟道雅郎子:山城の国)に学んだ男女が田畑を開墾し、応神9年に唐の国より種を持ち帰り栽培を始め、刈り勝くれた小原で優れていた」と記されています。その言い伝えの、「刈り勝くれた小原」=「勝れ原」=勝原の謂れではないかとも言われています。
    • また一説に、応神天皇のころ、勝の宿祢という方が273歳にて死(こうじる)までこの地を開き神々を祭り子孫繁盛したと言われています。
    • 室町期から戦国時代には、地侍勝原氏が勝原城を築き、織田信長の伊賀攻略前後の記録等にも名前が出てきます。
    • 勝原城の山城跡も深い堀と共に現在も残っています。
山城・勝原城の切堀跡

川沿いに水田が広がり、傾斜地は茶畑やダリヤ球根の畑が広がっています。この地域では、大正時代の初め、茶業の価格が低下したことから、茶に代わる作物として、ダリヤなどの花卉園芸が盛んになりました。特にダリア球根の栽培は、奈良県有数の産地となり、球根割りは、冬の農閑期の地域の仕事になっています。

また、地域には、前記の花卉園芸業の他に、祭事やお祝い事使う紅白饅頭や鯛砂糖などを作ってきた150年以上続く製菓業や、製材業、大工、製茶業など職種が豊富です。

勝原地区の八柱神社

八柱神社 ~ 拍手が森じゅうにひびいてありがたく ~

  • 「大和国山辺郡三ヶ谷七郷由来記勝原ノ記」によれば、慶雲4年(707年)3月19日に戸隠明神などで祷祈し神を祭ったとあり、これが八柱神社の始まりかもしれません。
    • 祭神は、神産日神、高御産日神、玉積産日神、生産日神、足産日神、大宮売神、御食津神、事代主神。
    • 秋の例祭には、座祭の儀が執行され、大当屋と相当屋とがあり、祭典に奉仕します。
もうひとつの神社、高塚神社

高塚神社 ~ 流行病の神 ~

  • 昔は古木が茂り鈴鹿山脈より遠望もでき、伊勢参りの帰参者の好目標となったともいう高塚山の山頂に祭ってある神社で、三重県名張市葛尾との共同神社です。
  • かつては、古くから流行病の神として参拝者が多く、社前の檜の葉を持ち帰り家の入口につるしたものだと言われています。

勝原

この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り④ 三ヶ谷 八柱神社」を紹介します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる