MENU
やまぞえ絆リレー2020
ブログカテゴリー
プロフィール背景画像
やんばいのぉ山添村の画像
やんばいのぉ山添村
ええ天気やなぁ山添村
『やんばいのぉ』とは、山添弁で『いい天気だね』という意味です。
『やんばいのぉ山添村』は、関西弁では『ええ天気やなぁ山添村』になります!
『やまぞえ絆リレー2020』2021年5月9日に延期となりました。

~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り② 地域の特徴編

目次

三つの地域

前回のプログでご説明したとおり、山添村は、それぞれの集落(大字)の地形・地勢、謂れ、住民の思い等から明治から昭和31年まで、3つの村(豊原、波多野、東山)で構成されていました。

山添村の現在の大まかな交通や経済圏は、村の中央部を南西方面から北東方面に自動車専用の名阪国道が走っており、車に乗れば、大阪に約1時間、名古屋に約1時間30分と比較的、田舎でありながら便利な地域です。

村内の道路網もかなり良くなっており、村の南東部地域(豊原地域)は名張市や天理市に便利で、北東部地域(波多野地域)は伊賀市や名張市に便利で、西部地域(東山地域)は奈良市に便利です。

経済圏や、先に述べました地形・地勢、謂れなどから、それそれ特徴ある地域となっていますので、3つの地域の特徴をお話ししたいと思います。

お灯明が点灯した石灯篭

豊穣の里“豊原地域”

郷土史によると、村の南東部に位置する豊原地域は、信仰の霊山 「神野山」と流行病の神 「高塚山」があり、他に奈良時代の「毛原廃寺」や行基の自作尊像と伝わる本尊がおられる「神野寺」など、歴史的にも深く、古くから豊穣の里と呼ばれていました。このことから、作物が豊穣する意味を込めて、豊原地域と呼ばれるようになったそうです。

この地域には、八柱神社4ヶ所、八王子神社、八坂神社、八幡神社、神明神社、三柱神社があり、八にちなんだ名前が多いです。
八柱神社など、祭神を多くお祭りしてることと何かしらの関係があるのかもしれません。

畑庄、畑村に由来する“波多野地域”

郷土史によると、村の北東部に位置する波多野地域は、古代に波多杣、中世に畑庄や畑郷、畑村に由来するもので、古くから東大寺、興福寺、西大寺などの平野(奈良)地域への木材や食料、燃料などの供給として、密接な関係があったそうです。

この地域には、八柱神社3ヶ所、春日神社2ヶ所、八王子神社、稲荷神社、十二社神社、吉備神社、神波多神社、菅原神社、八幡神社、岩尾神社、熊野神社、神明神社があり、各集落で多種多様です。

このような背景から、歴史的貴重な五輪塔や謂れのある神社も多いのかもしれません。

東山中、東山内、東山里、東の山のふもとに由来する“東山地域”

郷土史によると、村の西部に位置する東山地域は、古来、奈良国中に対して「東山山中」と呼ばれ、古文書にも、「東山内」や「東山里」とも記されていたことや、東方にそびえる霊峰神野山への厚い信仰のあらわれとして「東の山のふもと」と表したものと言われています。
江戸時代、郡山藩領・幕府直領・藤堂藩領があり、各集落を結びつけるものは、地形・地勢からと言われており、古代から、東大寺領などで平野(奈良)地域への、木材や食料、燃料などの供給として、密接な関係があったそうです。

この地域には、戸隠神社2ヶ所、天神社、八幡神社、六所神社、遠瀛神社と、集落で多種多様です。
このような背景から、歴史的貴重な国、県、村指定の貴重な文化財、神社も多いのかもしれません。

この内容は、山添村史などを参考に作成しました。

さて、次回は、「~巡り巡る農村の社~ 山添村神社巡り③ 各集落の神社紹介」として、各集落と共に神社を順次紹介していきます。

神野山からの遠望(秋)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

こせがれのアバター こせがれ 兼業農家のご主人

山添生まれ、山添育ち。農村の暮らしを通して、食や農、自然や地形、歴史や文化、スポーツや子育て、健康や長寿‥などなど、様々なことに関心が芽生えて来た、小せがれです。
「足元より、少し前を向いて歩きたい♪ どうせ一度の人生だから」をモットーに実践しているつもりです。
これからもよろしくお願いしますm(._.)m

目次
閉じる